豆鳳凰民いせえびの麻雀備忘録

天鳳七段。豆鳳凰民のいせえびが、雀荘や麻雀本のレビューなどをしています。

【雀荘レビュー】麻雀ブル@中野店

雀荘レビュー第八段は19番ブル中野店。JR中野駅北口の目の前にあります。

 基本情報

【店名】麻雀ブル

【HP】http://www.jan39.com/shop.php?tnp=11485

【最寄り駅】中野

【場代】600G/350G。トップ賞200G。

【ルール】

ごく一般的な東南戦。テンパイ連荘。赤は3pが二枚のみ一枚は「さん」と書かれている

祝儀は一発、裏、「さん」と書かれた赤3pを含む面前和了

白ポッチ二枚

【雰囲気】

とても良い。

マナーをとても大事にしており、引きヅモや先ヅモはしっかりと注意していたのが好印象。マナー重視の看板に偽りなし。

いわゆる「もしラス」コールを認めていない点には注意が必要。

【イベント】

期間に応じて様々やっている模様。以前行った時には、「平日早朝に来た人はラスを引くまで場代無料」などのイベントを行っていた。

 

ここがユニーク!:「赤3p」

5に一枚ずつ入っている通常の赤牌とは違い、赤い3pが二枚入っている。その内一枚は「さん」と書いてあり、祝儀の対象となる。

このルールだと筒子のみがやや優遇されることとなるが、それよりも赤牌が他に入っていない点が重要であるように感じた。面前志向が強くなるとともに、ホンイツの価値が相対的に上昇する。また、鳴きやダマで高打点を作ることが難しくなるため、通常の麻雀以上にガンガンリーチをかけていく展開となる。そのため、回し打ちをして凌ぐよりも、押し引きのメリハリをはっきりつけていく打ち方をする必要があると思えた。

 

店内は広々としていて、雰囲気も落ち着いているため打ちやすい。

個人的に良かったのが、同卓していた人がツモ牌を叩きつけた時、即座にメンバーから注意が入ったこと。あたりまえと言えばあたりまえだけれど、この手のマナ悪を容認してる店はほんと多い。
客層は高めで、平日夕方に行っても学生はほとんどいなかった。同じエリアにZOOがあるからそっちと住み分けされてるのかなという印象。
麻雀以外のところで余計なストレスがかからないため、中野で打つならオススメ。新規でもらえる10ゲームサービス券も地味に嬉しい(一回二枚まで、さんグループで利用者可能)。