豆鳳凰民いせえびの麻雀備忘録

天鳳七段。豆鳳凰民のいせえびが、雀荘や麻雀本のレビューなどをしています。

【本】無敵の人第11話感想―驚愕!!なんと三代目・五代目雀仙も〇〇だった!!

簡単なあらすじ-disられまくりのミズキくん

初代雀仙GTBの中傷により窮地へ追いやられたミズキ。

それに追い打ちをかけるように、他の雀仙達もミズキのネガティブキャンペーンを開始した。

ネガキャンの効果は大きく、ミズキの家に怪文書を入れる者さえ現れ始めた。

 

f:id:bookandwrite:20160309001551j:plain

この世界の民度はどうなってるんですかね……

 

こうしてミズキが四面楚歌に追い込まれる中、ついにトーナメントが開催された。

 

今回の感想-なんと他の雀仙もクズとは……。

前回の記事では、ミズキまたはトーカンの卓で番狂わせが起こるのではないかと予想した。

初代雀仙はどクズで明らかな噛ませ。けど、同卓する他の雀仙の中にはミズキやトーカンに匹敵する強敵が潜んでいるのではないか。そう考えたのだ。

しかし、結果は大ハズレ

なんと、GTB以外の雀仙二人もどクズというまさかの展開であった。

f:id:bookandwrite:20160309001538j:plain

2コマ目、モブではありません。雀仙です。

 

発言的にもキャラデザ的にも噛ませの雀仙三人。

ミズキも大ゴマで見栄を切ったし、番狂わせは起こりそうにない。

今後の見どころ-単純な大物手和了以外の方法でどうやって逆転する?

今後注目したいのは、ミズキがどうやって逆転するかである。

雀仙二人に満貫・親満をそれぞれツモられ、大差をつけられたミズキ。

序盤にリードされる展開は、六段三対一編と同じである。

六段相手の時は、リードされる⇨相手の手牌を読みながら大物手をアガる⇨国士をツモるという展開だった。

つまり、漫画的に言えばこのパターンはもう使えないのである。

相手が六段でなくて雀仙であることを考えると、容易に読むこともできないのかもしれない。

そうした制約を抱えながらも、麻雀である以上は勝つためにはアガらなければならない。

そのため、ミズキは雀仙三人を出し抜きながらアガるための説得力ある戦術が必要となる。

はたしてミズキはどんな戦術を以て最強の雀仙たちを出し抜くのか。今後の展開にも期待である。

無敵の人第一巻、絶賛発売中!

 


無敵の人(1) (週刊少年マガジンコミックス)